A d m i n | New entry | Up load | All archives

~ Cumplir el sueno ~

「プロを目指し、海外へ。挑戦の軌跡」

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

page top

信念 

Hola!

先日、こんなにきれいな夕焼けが見れました。



こんな夕焼けが見られた日はいい1日だったなって思っちゃいます。






今日はオフ。

朝から部屋を掃除して、スパイク磨いて、今はカフェで読書中。

充実。






僕にはサッカー選手としていくつか信念があります。

そのうちのひとつは

「ケガしたらサッカー選手として価値はない」ってこと。

今はプロサッカー選手として生活させてもらっています。

給料だけでなく、住居と食事、送迎も支給してくれています。

そんな僕の仕事はプレーすること。

試合に勝つこと、試合に勝つために練習からハードワークすることが仕事だと思っています。

ケガをすれば、仕事ができなくなるのと同義です。

ただの給料泥棒だと思っています。

だから僕は練習でもスネ当てやバンテージなどのケガ予防は欠かしません。

こういうことはずっと当たり前だと思ってました。

万が一、ケガをしたときは何よりも治すことを最優先するものだと、これも当たり前だと思ってました。

けど、これは当たり前のことではなかったようなんですね。

正直ショックでした。

だからと言って、「他人」と「過去」は変えられないんですよね。

変えられるのは「自分」と「未来」だけ。

僕はこの信念は正しいと思っています。

だから、自分がやり続けるしかないんですよね。

おかげさまで、ここ4年で契約中に負傷離脱したのは肉離れでの2週間のみ。

体調不良はフィリピンに来てから2度ほどあったけど、練習を休んだことはほぼありません。

頑丈な身体に産んでくれた両親に感謝すると共に、日頃の準備の賜物だと自信にもなっています。

このブログを読んだトリプっ子たちは普段からそういう努力までしているのだろうか。

伝わるといいなって思います。




ふたつめは

「日本人としてプレーする」こと。

今のチームは日本人が多いし、フィリピン人は日本人をリスペクトしてくれているので意識することは少ないけど、

アルゼンチンでは「チーノ(中国人)」と試合中だけでなく道を歩いていても言われ

オーストラリアでも「Yellow Monkey」と相手サポーターに言われたこともあり
(このときは前の試合で退席処分(笑)になり、スタンドにいた監督が言い返してくれました)

強烈に「自分は日本人なんだ」と意識する中で生活していました。

当時は今ほど英語も喋れなかったし、スペイン語もあやしかった。

それでも監督やチームメイト、オーナーとコミュニケーション取らないといけなかったし、ひと言ひと言を聞き漏らすまいと必死でした。

そんな言葉も喋れない僕が評価されたのはdisciplineでした。

「これをやりなさい」と言われたことを忠実にこなすこと。
いかにも日本人らしいところが評価されていました。

ただ、上に行くやつ、移籍していくやつはゴールを決める、絡めるやつだということも実感しました。

そこのバランスは難しいところで、自己中にゴールを目指せばdisciplineのところで評価を落とすし、ゴールを決めなければ上に這い上がっていけない。

そこは今でも葛藤しているところなんですけどね。

と、話が逸れました。

そんな日本人らしさが評価されたのもあって、僕は日本人だということに誇りを持ちながらプレーしています。

そして、そこに違いを見出しています。

アルゼンチン人と同じプレーをすれば、言葉も通じるアルゼンチン人を監督は使うでしょう。

オーストラリアも同じく。

それは何もピッチ上のことだけではないと思うんですよね。

例えば、時間を守ること。

フィリピンは時間にルーズな国民性です。
なので、時間通りに行く方がバカを見ることが多いです。

だからといって時間を守らなきゃ、それはフィリピン人と一緒。

わざわざお金のかかる日本人を獲る意味はないですよね。

それにそういうところをちゃんとやっていないと、言うことに説得力がなくなります。

時間を守らない、チームで決めたことをやらないやつに色々と言われても、誰も言うことは聞かないです。

チームメイトに文句言うのは勝手だけど、その前に自分はやることやってんのかって話です。


僕は日本人として、正しいと思うことはやり続けたいと思います。




この2つは海外でプレーする上ではとても大事なことなんじゃないかなって思っています。


とまぁ好き勝手に自分の信念を話してみました。笑





あ!そういえば今朝、オフなのに自主的にランニングしているフィリピン人選手を始めて見ました。うん、初めて。笑

オフでも軽く汗は流した方がいいよ話したり、実際にランニングしていた姿を見て感化されたのかな~って朝からドヤ顔していました。笑


そうそう、少し前にスネ当てをつけずに練習をして、スネを蹴られてケガした選手がいたんですよね。

僕とペアだったこともあり、「なんでスネ当てしないんだ!それでケガするのは責任なさすぎだ!そんなんプロじゃねぇ!やれ!」と激怒したことがありました。

「分かったよ、そんな怒んなよ」って言ってました。

次の日、、、




スネ当てしてませんでした。笑

次は俺が削ってやるしかないな!




nos vemos

Chihiro






【サポート企業様】





スカイプオンライン英会話
『ぐんぐん英会話』




※随時、サポート企業様募集中です。

カテゴリ: Sentiment

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://afasoccer.blog10.fc2.com/tb.php/304-1080732a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。